【ウェルネット株式会社様】自社SaaSの請求書発行機能にPaplesReportsを組み込み顧客ニーズに合わせた様式の請求書を短期間で対応可能に

会社概要
収納代行・決済代行サービスを軸に、会員管理サービスや交通ITサービスを展開するシステム会社。同社が提供するサービスは、大手ECサイトやコンビニエンスチェーン、航空会社、電力会社など多くの大手企業で利用されている。
資本金
6億6,778万円
従業員数
127名(2023年6月30日現在)
URL
https://www.wellnet.co.jp/index.html
課題
  • 電子請求サービスのインボイス制度対応、改正電子帳簿保存法対応にあたり、発行する請求書フォーマットを増やす必要が出てきた
  • 既存のシステムはプログラミングベースで、請求書レイアウトの柔軟な変更が困難だった
  • 社内の別プロジェクトで使われていた帳票デザイン発行システムはデザイン機能が使いにくかった
効果
  • 帳票デザイン機能が格段に使いやすく、帳票デザイン期間を短縮し、顧客ニーズに応えることができた
  • システム連携機能が充実しており、パッケージでも柔軟に他のシステムとの連携ができた
  • 使い勝手の良さや手厚いサポートで、多くの社員が使えるようになり、業務分散が可能となった
ウェルネット株式会社が提供する電子請求サービス「しまえーる」では、インボイス制度の施行にあたり、顧客から従来の定型フォーマットではなく、独自フォーマットの請求書を発行したいという要望が多くありました。しかし、従来の請求書フォーマットはプログラミングで作成していたため、変更が困難でした。
そこで、帳票デザイン・生成システムとしてPaplesReports(パピレスレポーツ)を導入し、請求書デザインの効率化と作成期間短縮を実現しました。

ウェルネット株式会社 辻様

サービス開発部 決済基盤チーム マネージャー 
決済イノベーション推進部 システム営業部長 / 辻様


PaplesReportsを導入した経緯


電子帳簿保存法対応、インボイス制度対応で、PDF請求書のニーズが多様化

当社ではお客様であるさまざまな事業者様の請求書発行代行を行っています。
従来は定型フォーマットで発行することが多かったのですが、改正電子帳簿保存法の施行や、インボイス制度のスタートに伴い、紙請求書のPDF化や、定型からオリジナルデザインに変えたいというニーズが増えてきました。
しかし、従来は内製プログラムで帳票を作成してきたため、これらのニーズに柔軟に対応することが難しい状況でした。
このような背景があり、帳票デザインとPDF生成が可能なツールの導入検討を始めました。


PaplesReports選定の理由


他のソリューションと比較して格段に使いやすいデザイン機能

選定にあたっては、PaplesReportsを含め数種類の帳票ツールを実際に試用して比較検討を行いました。
その中でもPaplesReportsは群を抜いて使いやすいものでした。
社内では別のプロジェクトで既に他のツールを使っていたのですが、それと比較しても帳票デザイン機能が圧倒的に使いやすく、担当者は満場一致でPaplesReportsを選びました。
また、ノーコードで簡単に数式が組み込めるので、その点も高く評価しています。


バッチ処理、API接続が選択できるシステム連携の柔軟性

他のシステムとの接続性の高さも評価しています。
PaplesReportsはバッチ処理でも、API接続による処理にも対応しており、連携するシステム側の自由度も高くなっています。
今回は当社が運営しているクラウド型の電子請求書発行&保存サービス「しまえーる」のシステムに組み込む形で使用しましたが、月次で大量枚数の請求書を出力するため、オーバーヘッドの少ないバッチ処理で出力を行っています。
今回は短期間で大量の出力が必要なのでバッチ処理を選びましたが、システムによってはAPI接続のほうが適切な場合もあります。
システムに合わせて選択できることは、非常に使い勝手がよいと考えています。


PDFのみならず、印刷も同時に可能

PDF化が増えているとはいえ、印刷出力を希望される顧客もまだ少なくありません。
PaplesReportsはコマンドでPDF生成も印刷もできるので、幅広い形で顧客ニーズに応えることができます。
このように、トータルで見て当社のサービス、顧客ニーズにマッチしていることからPaplesReportsの導入を決定しました。


PaplesReports選定の効果


他のツールでは1ヶ月かかる帳票レイアウトが数日で作成可能、帳票デザインの属人化もなくなる

導入後、一番効果を感じているのはやはり帳票デザイン機能の使いやすさです。
マニュアルを読むだけで、使い始めることができ、私を始め、数名の開発担当者がPaplesReportsを使っています。
他のツールは一人の担当者しか使うことができないため、業務が属人化し、集中しがちですが、PaplesReportsなら業務分担も可能になっています。
単純比較は難しいですが、新規帳票のデザインを行うのに、PaplesReportsであれば数日あれば十分です。
一方で、他のツールを使う別チームが新規帳票を作る際は1ヶ月ほしいといわれており、PaplesReportsの使い勝手の良さを強く感じます。
テストもPaplesReports内で簡単にできるため、開発のリードタイムが短縮でき、顧客ニーズが高まっているパターンバリエーションを増やすことも容易に対応できるようになりました。

9,000枚のPDFが1時間半で作成可能

ある事業者様の案件では、9,000枚のPDF請求書を生成し、1本のPDFファイルに纏めるということを行っていますが、この処理も1時間半ほどで完了できるので、パフォーマンスの良さも実感しています。


社内業務にも活用し業務効率化を実現

ある自治体向けのシステムがあり、使用量に合わせて領収書を発行することになっているのですが、以前は月にまとめて10件ほどだったので経理部の担当者が手書きで対応していました。
しかし、ある時期から個別の利用ごとに領収書を発行してほしいとの依頼がありました。
これにより、月に200~300枚に上る領収書を発行する必要が出てきたため、PaplesReportsを業務に導入しました。
お客様向けではなく社内業務向けですが、経理部の手作業を減らすことができ、業務効率化を図ることができたと考えています。

しまえーる 全体概要 図版


日鉄日立システムソリューションズのサポート

 

システム、機能だけでなく、帳票デザインのサポートも手厚くレスポンスも速い

日鉄日立システムソリューションズは、システム会社なのでシステム面のサポートはさほど心配していなかったのですが、帳票デザインに関するサポートは正直あまり期待していませんでした。
しかし、実際に帳票デザイン機能を使い始めてわからない点を問い合わせると、デザインの作成方法を細かく教えてくれたり、サンプルを提供していたりするなど、予想以上のサポートを、それも迅速に対応してもらえたので非常に驚きました。
手厚いサポートで、非常に助かっており感謝しています。
PaplesReportsの機能についてはまったく文句なく、非常に満足しています。


今後の展望

 

PaplesReportsをクラウドに

現在、しまえーるのPDF生成機能はオンプレミスのサーバー上で稼働していますが、
システム自体はクラウドサーバー上で稼働しているため、しまえーるもクラウド上に持っていきたいと考えています。
その際も、ぜひ手厚いサポートをいただければと期待しております。

会社概要
収納代行・決済代行サービスを軸に、会員管理サービスや交通ITサービスを展開するシステム会社。同社が提供するサービスは、大手ECサイトやコンビニエンスチェーン、航空会社、電力会社など多くの大手企業で利用されている。
資本金
6億6,778万円
従業員数
127名(2023年6月30日現在)
URL
https://www.wellnet.co.jp/index.html